対人賠償保険と自賠責保険について

自動車保険には大きく分けて2種類があります。自賠責保険は強制保険とも呼ばれ、新車を購入したときや車検を受けた時に法律によって加入が義務付けられている強制的な保険のことです。もうひとつの任意保険とは、車の所有者が任意的に加入する保険のことで、強制保険で賄えない補償を補うために必要不可欠とされ、車を所有する方のほとんどが安心を求めて加入されているのが実情です。
自賠責保険は人身事故にのみ有効な保険です。また、自分で保険金請求の申請を行わなければならないため、ある程度の知識が必要となるだけでなく、請求申請後に行われる厳格な調査や審査の結果によっては支払われる保険金の減額や保険金が支払われない場合もあるようです。野菜と女性一方、任意保険の対人賠償保険は、交通事故等による人身事故で相手方の死傷を補償する保険です。自動車保険に加入する被保険者が、相手方のクルマに搭乗する人や歩行者に損害を与えた場合、法律上の賠償責任が発生しその損害額を補償しなければなりません。保険金がケガ120万円、後遺障害最高4000万円、死亡最高3000万円と決まっている強制保険とは違い、対人賠償の保険金を無制限にして事態に備える保険となっています。また、対人賠償で補償されるのは他人に限られるというのも特徴です。

Comments are closed.