過失割合と保険金額の決まり方

料理01交通事故が起きると必ずと言って良い程裁判で揉めるのが損害賠償時の過失割合で、被害者と加害者の間で様々な思惑の元で交渉されます。被害者は被害を被った分の補償を求めなくてはいけませんし、加害者は自分が周囲の確認を怠っていなければ減額を主張する必要が有ります。

最近は歩行者や自転車のマナーもかなり悪くなっていますので、自動車のドライバーも万全の注意を払っていてもいきなり赤信号を平気でわたってくる歩行者や車道に飛び出してくる自転車も多いので、一概にドライバーだけが悪いと言う事故だけでなく歩行者や自転車に過失の多くが有る例も多く見られます。

それでも割合としては交通事故を起こした方が割合が大きくなりますし、たちの悪い自転車や歩行者の場合は過失を認めないケースも有りますので、注意をしなければいけません。

事故に遭った方に過失が有った場合は当然割合は変わってきますので、実際はスマートフォンに気を取られていたり注意不足等で周囲に対する注意を怠っていた場合でもしらを通す人もいますが、それはばれると逆に偽証罪と言う罪に問われかねないので事故に遭わない様に注意するのはもちろん、もし事故に遭った時も自分に過失が有る場合は正直に説明した上で割合を決めなくてはいけません。

Comments are closed.