補償される人、されない人について

自動車に乗る人にとって対人賠償保険は任意保険の中で最も重要な保険と言われています。この保険は交通事故で相手を怪我させたり死亡させてしまった場合に、自賠責保険の補償額を超えてしまった分を支払ってくれる保険になります。
ただ、この保険には補償対象となる人が決められています。契約書には補償されるのは他人と記載されていますが、ここでは被保険者以外の人という意味なのです。被保険者に当てはまる人は、まず保険を申し込んだ契約者とその配偶者、その同居の家族、契約者と別居の未婚の子供が当てはまります。そして家族以外では契約者の許可を得て車を使用した者や契約者の雇用主も含まれるのです。この被保険者に当たる人に怪我をさせてしまった場合や死亡させてしまった場合には保険料の支払いを受けることができません。
たとえば運転中に不注意で事故を起こしてしまい見ず知らずの人を怪我させてしまった場合は保険金の支払いを受ける事ができます。でも、自宅ガレージで自分の子供をひいてしまい怪我させてしまった場合は支払われないのです。また、保険金が支払われる場合でも、全額が支払われるという訳でもありません。過失割合によって支払われる保険料は大きく変わることとなるので注意が必要です。卵

Comments are closed.